忍者ブログ

道草造花

[自分の周り]や[世間]で起こった出来事の《日記》記事を中心に書いています。 個人的な日記/感想を載せているだけですが、お暇な時にでも遊びに来て下さい。

其れは「幼女の皮」を被った「化け物」

『幼女戦記』

幼女戦記 (7) ドラマCD付き特装版 (角川コミックス・エース)




今日は、11月23日『勤労感謝の日』です。

そんな本日は、ここ半年くらい異常なスピードで

漫画を描き続けていると噂の【東條 チカ】氏が描く

『幼女戦記(コミック版)』を紹介したいと思います。

(⊃`・ω・´)=⊃

幼女戦記(1) (角川コミックス・エース)



このコミック版の『幼女戦記』は、元は

カルロ・ゼン氏による小説を原作として、

メディア展開(ミックス)された作品の一つで、

2017年冬季アニメ(1~3月)枠でのアニメ化計画と

連動する形で《月刊コンプエース》2016年6月号

より連載が開始されたコミカライズ作品です。

(`・ω・´)

幼女戦記 1 Deus lo vult



最近は、小説を原作としたアニメが多く、それに

合わせたコミカライズ展開も良くあることですが、

正直このコミック版というのは、アニメ化の勢いで

描かれている事も多い為、あまり評価される事なく

アニメ放送終了後、噂にならなくなった頃には、

いつの間にか終わっている事も珍しくありません。

幼女戦記(6) (角川コミックス・エース)



そんな中、この『幼女戦記(コミック版)』は、

原作の難しい部分をギャク調で分かり易く描かれ、

そのタイトルに比べて、シリアスシーンが多い

原作やアニメとは、また違う味を出しており、

漫画家に恵まれた作品だと高い評価を得ています。

!(b ̄ー ̄)

少し気になるのは、その執筆スピードとタイミング。

『幼女戦記』【コミカライズ展開経緯】
《連載開始》 [2016/4/26]
(1巻) [12/10]
(2巻) [12/26]
~【アニメ放送開始】~ [1月初~]
(3巻) [01/26]
~【アニメ放送終了】~ [~3月末]
(4巻) [04/10]
(5巻) [05/10]
(6巻) [06/10]
(7巻{特典付き}) [11/15]
(7巻) [11/25]


[上記]の様に連載開始から、約一年半ほど経つ

現在は、7巻までのコミックが発売されています。

週刊誌ですら一年間に3~4冊程度しか単行本化

出来ない事からも月刊誌でこの速さは異常です。

そして、何よりも良く分からないのが、この

コミカライズ展開の猛プッシュが始まったのが、

何故かアニメ放送終了の直後からと言う事です。

幼女戦記 アニメ完全設定資料集



まぁ、放送終了後も円盤販売促進の為は勿論

ですが、【二期製作】や【映画化】の計画が

動いていて、それまで勢いを落とさない為の

「繋ぎかな?」とも勘ぐってしまうところです。

実際、円盤売上も好調でストックもあるので、

ネットでも続編が、かなり期待されており、

私自身も続報を凄く楽しみにしているのですが、

残念ながら今の所、新たなお知らせはありません。

【電子版】コンプエース 2017年12月号 [雑誌]



「コンプエース(1月号)」は、明後日11月25日に

発売ですが、発売前の情報を見る限りでは、

今年中には、特に大きな動きは無さそうです。

( ̄△ ̄;)

…にも関わらず「コンプエース(1月号)」からは、

京一氏による『幼女戦記』のスピンオフ作品

幼女戦記食堂】の連載が開始されます。加えて

東條 チカ氏による【120ページ書き下ろし】の

単行本がなんと【三ヶ月連続】で付いてきます!!

!∑( ̄□ ̄;)

…この仕事振りには、ファンどころか原作者ですら

驚いているそうで、割と真剣に心配されかけています。

これは今後に期待…というかココまでやって新展開が

無かったら《KADOKAWA》は、ただのブ○ック企業…

(´・ω・`;)

幼女戦記 8 In omnia paratus


------------------------------------------------------------
※「記事内容・引用元」と「広告」は、特に関係ありません。


PR

コメント

P R






忍者カウンター

プロフィール

HN:
御形 はこべら
性別:
非公開

カタログ