忍者ブログ

道草造花

[自分の周り]や[世間]で起こった出来事の《日記》記事を中心に書いています。 個人的な日記/感想を載せているだけですが、お暇な時にでも遊びに来て下さい。

「大量の塩=女性蔑視」は、流石にイチャモン…

『大量の塩』




“尾車事業部長(60=元大関琴風)”は、

“一部報道であった、女性が土俵に上がったことで

その後、大量の塩がまかれたことについても

「女性蔑視のようなことは全くない」と

誤解を招いたことを懸念していた。”


【土俵に大量の塩も女性蔑視は全くない】
《参考/引用元》:『日刊スポーツ』[4/5(木) 18:13配信]

************************************************************

【市長倒れ救命中の女性に行司がアナウンス】

この所、特に大きな話題が無い為か、わりと

盛り上がってる【土俵から下りて問題】。

その続報である【大量の塩問題】ですが…

(´・ω・`)

これに大興奮しているコメントを見ながら、

「土俵で塩をまくのは、当たり前なのでは…?」

!∑( ̄□ ̄;)

と、最近のこの話題の炎上加減と方向性に

薄ら寒いものを感じていたのですけど、

【鬼の首を取ったようにSNSで発信するな】

どうやら、自分だけじゃ無い様で安心しました。

小倉智昭氏も、やくみつる氏も日頃あまり

好意的に見ていないのですが「大量の塩問題」

に関しては、私もまったくの同意見です。

( ̄▽ ̄;)

とはいえ、個人的には今回の問題は、

ほとんどの人があまりにも『女人禁制』

にばかり、目が行きすぎな気がします。

もちろん、それも問題ではあるのですが、

それは「今後の課題」にするとして、今は

「今回の問題」に対して思想的な方面から

以外の見方もしてみるべきだと感じています。

(´・△・`;)

この問題になっているアナウンスにしろ、

「女性は土俵から下りて」と言った点が、

注目されている様ですが、本来であれば、

「関係者以外は土俵から下りて」と

言うべきであり、その点でいうのなら、

「一般人を土俵に上げた事」は問題です。

(´・ω・`;)

まぁ、これを問題としてしまうと女性側に

過失があった風にも取れるので、好感度を

重視する方があえて、取り上げないのは、

よくわかりますが、この場合の過失は、

それを許してしまった、日本相撲協会と

市長の関係者スタッフ側にあると思います。

( ̄△ ̄;)

世間では「一般人の女性が命を救った」

美談とされているので、こう言えば、

『そんな「建前」より「命」の方が大事だ』

と思う方も少なくないかもしれませんが、

それは、あくまでも【結果的】な話です。

今回は、女性が《助けてくれた》から

良かったものの状況的に言えば、近寄って

市長に《危害を加える》事も出来ましたし、

たとえ事件性がなかったとしても、治療後に

市長に何かあれば、女性に対して何かしらの

疑いをかけられるという可能性もありました。

そうなれば、見過ごした「日本相撲協会」は、

とても『おわび』程度では済まないでしょう。

(`・ω・´;)

【土俵から下りて問題】は、まだしも、

【大量の塩問題】に対しても当然の様に

感情的なコメントが並んでいるのを見た時は、

『日本相撲協会』と同じかそれ以上に、

《日本人の感覚》が心配になりました…

問題が盛り上がりそうな問題なだけに一部で、

ヒートアップするのは、理解出来ますが、

周りは、もう少し冷静になるべきだと思います。

( ̄ー ̄;)

劇場版 銀魂 新訳紅桜篇(通常版) [Blu-ray]


------------------------------------------------------------
※「記事内容・引用元」と「広告」は、特に関係ありません。


PR

コメント

P R





忍者カウンター

プロフィール

HN:
御形 はこべら
性別:
非公開

カタログ