忍者ブログ

道草造花

[自分の周り]や[世間]で起こった出来事の《日記》記事を中心に書いています。 個人的な日記/感想を載せているだけですが、お暇な時にでも遊びに来て下さい。

頭角現す!【最悪の世代】の《超新星》

『超新星』

ONE PIECE カラー版 51 (ジャンプコミックスDIGITAL)




“多くの感動と興奮を与えてくれた17日間。

平昌オリンピックが閉会を迎えた。

今大会、日本が獲得したメダル数は

13個で、過去最多となった。”


【平昌閉幕 日本のメダルは13個】
《参考/引用元》:『日本テレビ系(NNN)』[2/25(日) 23:37配信]

************************************************************

政治的な問題や大寒波の影響などが、

懸念され開催前から色々話題の絶えなかった

平昌オリンピック》もようやく終わり

やっと寒さも落ち着いてきましたね。

(`・ω・´)

「夏季五輪」に比べると、若干国民の関心が

薄く感じる「冬季五輪」ですが、今大会は、

最も国民の期待を背負っていたと言ってもいい

『男子フィギュアスケート』で、羽生選手が

怪我を乗り越え《金メダル》を獲得。その

圧巻の演技は、まだ記憶に新しいと思います。

その後も若い世代によるメダルラッシュは

続き、結果的に日本の獲得した総メダル数は、

過去最多となる【13個】を記録しました!

\(≧▽≦)/

今大会も花形である《フィギュアスケート》や

人気が急上昇した《カーリング》等の競技が、

大いに話題となりましたが、あるコメント欄で

「今回は女子が凄かった」というコメントを

見て、確かに中盤以降は女子選手の名前

を良く聞いていた気がしたので、改めて

確認しましたが男女メダル比自体は「5:8」で、

思っていた程の差は、ありませんでした。

(´・ω・`)

【平昌オリンピック】《総メダル数》:「13」
[競技] 「種目」 選手名
【優勝】 《金メダル》 :「4」
(スケート)
[・スピードスケート]
「女子500m」 小平 奈緒
[女子チームパシュート] - 髙木 美帆
菊池 彩花
佐藤 綾乃
髙木 菜那
[女子マススタート] - 髙木 菜那
(スケート)
[・フィギュアスケート]
「男子シングル」 羽生 結弦
【2位】 《銀メダル》 :「5」
(スキー)
[・ノルディック複合]
「ノーマルヒル個人」 渡部 暁斗
(スキー)
[・スノーボード]
「男子ハーフパイプ」 平野 歩夢
(スケート)
[・スピードスケート]
「女子1,000m」 小平 奈緒
「女子1,500m」 髙木 美帆
(スケート)
[・フィギュアスケート]
「男子シングル」 宇野 昌磨
【3位】 《銅メダル》 :「4」
(スキー)
[・ジャンプ]
「女子ノーマルヒル個人」 髙梨 沙羅
(スキー)
[・フリースタイル]
「男子モーグル」 原 大智
(スケート)
[・スピードスケート]
「女子1,000m」 髙木 美帆
[カーリング] 「女子団体戦」 吉田 夕梨花
鈴木 夕湖
吉田 知那美
藤澤 五月
本橋 麻里


ただ、むしろ驚いたのは「競技比率」の方です。

この女子が獲得した「8つ」のメダル中、

なんと「6つ」が《※スピードスケート系》の

競技であり、その内の「4つ」の種目には、

「髙木 菜那」「髙木 美帆」という

天才姉妹が関わっており、残りの二つを

「小平 奈緒」選手が単独で獲得しています。

!∑( ̄□ ̄;)

(※《スピードスケート系》:
・スピードスケートや、チームパシュート、
今大会初となるマススタート(New!)等の競技を
とりあえず便宜上そう書いています。)

( ̄ー ̄;)

競技の種類に偏りがあるので、今後の不安は

あるかもしれませんが、今まで花形競技だった

《女子フィギュアスケート》が表彰台から、

少し離れてしまった今、競技は違えど、

新世代が育っているのは、嬉しいですね。

次は、来月の《パラリンピック》。

日本、頑張れ~。

(⊃`・ω・´)=⊃

幼女戦記 (8) (角川コミックス・エース)



ちなみにこのオリンピック閉会式の日、日本でも

16年振りとなる新記録が打ち立てられました。

【男子マラソン 日本記録更新】

記録を塗り替えた「設楽 悠太」さんが受け取る

記録更新による報奨金は、なんと一億円 !!

まさに【億越えの超新星(ルーキー)】ですね。

( ̄▽ ̄;)

この人を含め、最近話題の人達ですが、

設楽 悠太(26)

髙木 菜那(25)

髙木 美帆(23)

羽生 結弦(23)

宇野 昌磨(20)

彼・彼女らは、数年前まで《ゆとり世代

として【最悪の世代】のレッテルを貼られ

大人の勝手な教育方針に振り回された人達です。

結局あれから「脱ゆとり」に教育方針が変わり、

今後も幾度となくそれを繰り返すのでしょうが、

今こうして頭角を現し始めた、かつて

【最悪の世代】と呼ばれた《超新星》達を

見ていると教育の正否は、長い目で見て

いかないと分からないものだと実感します。

( ̄△ ̄;)

後から来た若者に《○○世代》として

【失敗作】のレッテルを貼る人達には、

自分達の受けた教育の方が良かったという、

思い出補正が掛かっているみたいですが、

彼らの時代の教育が良かったのなら、今でも

その教育方針が続いているはずです。頻繁な

教育改革が続けられているのは、そもそも、

《自分達の世代》が【失敗作】と見なされた

結果だという自覚を持って頂きたいものです。

( ̄ー ̄;)

コンプエース 2018年4月号


------------------------------------------------------------
※「記事内容・引用元」と「広告」は、特に関係ありません。


PR

コメント

P R





忍者カウンター

プロフィール

HN:
御形 はこべら
性別:
非公開

カタログ