忍者ブログ

道草造花

[自分の周り]や[世間]で起こった出来事の《日記》記事を中心に書いています。 個人的な日記/感想を載せているだけですが、お暇な時にでも遊びに来て下さい。

民進党新代表決定!政権交代を目指すらしいが…

『民進党新代表』

ガチャ かわいい いつかの雪だるま 【全6種セット】




“民進党は31日午後の両院議員総会で、

前原誠司氏の後任代表に大塚耕平参院議員(58)

を正式に選出した。大塚氏は総会で

「次期衆院選では立憲民主党と希望の党、

民進党の3党を中心に政権交代を実現する

という目標を共有したい」と決意を語った。”


【民進党代表選 大塚耕平氏が新代表に正式就任】
《参考/引用元》:『産経新聞』[10/31(火) 15:40配信]

************************************************************

代表になって《政権交代》への決意を語るのは良いが、

国民が将来的に実現を望んでいるとすれば、それは

【二大政党】による《政権交代》のシステムだと思う。

(`・ω・´)

だが実際は、野党第一党ですらが自民単独相手に

トリプルスコア以上差を付けられ、他の野党を全て

寄せ集めても、自民党の半分程度しかない状況では、

とても「二大」の一翼を担うことは出来ず、現時点で

政権を任せる選択肢として支持を得る事は難しいだろうな。

( ̄▽ ̄;)

そもそも未だに《政権交代》そのものを強く訴えているが、

国民からすれば『安倍総理』は別に【絶対悪】ではないし、

『政権交代』は【魔王討伐】という訳ではないのだから、

いつまでも、ファンタジーの世界で生きていないで、

そういう「とりあえず、みんなでお手て繋いで敵を倒そう」

みたいなスタンスが、もはや時代遅れになっているという

事に野党やマスコミには、いい加減気付いて欲しいな…

(´・ω・`;)

【若者の自民党支持率が高くなってきた理由】

それに現実問題、仮に野党を寄せ集めて「倒す」事が

叶ったとして「倒した後」は、一体どうするつもりなのか…?

「我が○○党が自民党を倒し、我等が政権を担う」と

言うだけの覇気と力のある政党が一つもない状態では、

たとえ集まった所で、頭脳が存在しない野合集団等、

無能集団でしかない。ただ政権を倒せれば良いという

だけの無責任な政党群が、もう一度政権を任せてもらえると

本気で思っているのなら、えらく国民もなめられたものだ。

こんな状況では、もうしばらく自民一強状態は続きそう…

…というより、ココまで来るとむしろ彼ら野党は、ただの

自民のサポーターと言っても間違いではないのかもしれない…

( ̄△ ̄;)

「リベラル」がうさんくさいのには理由がある


------------------------------------------------------------
※「記事内容・引用元」と「広告」は、特に関係ありません。


PR

コメント

P R





忍者カウンター

プロフィール

HN:
御形 はこべら
性別:
非公開

カタログ