忍者ブログ

道草造花

[自分の周り]や[世間]で起こった出来事の《日記》記事を中心に書いています。 個人的な日記/感想を載せているだけですが、お暇な時にでも遊びに来て下さい。

「日本○ね」から一年…次は「朝日新聞○ね」

『朝日新聞、○ね』

幼女戦記(6) (角川コミックス・エース)




“日本維新の会の足立康史衆議院議員(比例)が

自身のTwitterで「朝日新聞、死ね」とツイートした。

ツイートは拡散しており、同調する声もある。

公人である国会議員が報道機関に対し、

また、一私企業に対し、「死ね」という

言葉を使い、批判を煽っている。

いったい、どのような意図があったのか。”


【維新議員が朝日新聞に「死ね」とツイート。】
《参考/引用元》:『BuzzFeed Japan』[11/13(月) 18:23配信]

************************************************************

今回の発言は見て分かる通り、昨年流行語として

取り上げられ、その暴力的な表現から物議を醸した

「保育園落ちた日本○ね」を意識した言葉である。

(`・ω・´)

日本維新の会の足立康史衆議院議員は、

「“朝日新聞の加計学園問題に対する扱い方への

異議申し立てを考え得る最も厳しい言葉で非難した”」

と述べた様だ。まぁ確かに野党や一部報道機関の

この問題に関して異常なまでに固執する姿勢には

疑問を感じるし、憤りを感じるのも十分理解できる。

( ̄△ ̄;)

ただ、個人的な感覚で言わせて貰えば、

この「朝日新聞、○ね」という言葉自体は、

流石に国会議員の直接の発言(ツイート)としては、

品位に欠けているし、問題提起をするにしても

適切な言葉であったかは、正直微妙な所だとも思う。

(´・ω・`;)

【<維新>足立議員、ツイッターに「朝日新聞、死ね」と投稿】
《参考/引用元》:『毎日新聞』[11/13(月) 22:19配信]

だが一方で、今回の発言に対する意見として、

「“保育園に落ちた一人のお母さんのつらい立場の

発言をまねしたのだろうが、根本的に違う。”」

という意見も一部にある様だが、その背景に

どんな思想や考えがあったとしても、結局の所は

自分が憤りを持った対象に対して、

「死」という表現を使って暴言を吐いた


というだけなので、むしろ根本的には同じであろう。

( ̄▽ ̄;)

これは最近の「ヘイトスピーチ」や「不倫問題」

等にも共通することだが、マスメディアや、

政治家・思想団体界隈では、同様の言動でも

自分の言動は、正義だから許される】が、

他人の言動は、悪だから許されない】の様な

所謂「ダブルスタンダード」と言われている

自分勝手な理屈が、まかり通っているのも事実だ。

(`・ω・´;)

【マスメディアがネットに完敗した年】

そもそも、本来なら『○ね』という暴言自体を

【悪い】と教えなければ、ならない所だと思う。

だが、昨年「保育園落ちた日本○ね」という言葉を

マスコミや野党が、まるでそれが正義の言葉の様に

取り上げ、流行語にまでしてしまった事により、

公共の電波を使って「『○ね』という言葉は、

場合によっては使っても良い言葉である」との考えを

【正しい】と認めてしまったと言っても過言ではない。

( ̄△ ̄;)

足立氏も『○ね』という言葉に対しては、

「“私自身は許容されると思っていないが、今の

国会と日本社会は是としているようなので使った”」

と述べている。確かに昨年の例に合わせて考えるのなら、

『保育園落ちた日本○ね』を《是》とするのであれば

『朝日新聞、○ね』は、適切ではなくとも《是》と

しなければ、筋が通らなくなってしまったのだ。

本来は、子供に『○ね』と言う言葉を【悪】だと、

教える立場にある大人達がそれを【正義】の言葉として、

利用するとは…まったく嫌な世の中になったモノです。

(´・ω・`)

去年の年末には、賛否両論あった『○ね』発言が、

一年後には、こんな形で新たに問題提起がされ、

当時、笑顔で壇上に上がっていた山尾衆議院議員は、

今年の年末には、今度は自分自身の話題でもって再び

世間を賑わせているというのは、なんとも皮肉な話だ…

(⊃`・ω・´;)=⊃

【たけし、山尾志桜里氏に疑問】

人間失格


------------------------------------------------------------
※「記事内容・引用元」と「広告」は、特に関係ありません。


PR

コメント

P R






忍者カウンター

プロフィール

HN:
御形 はこべら
性別:
非公開

カタログ